HOME >  自然栽培

自然栽培アエトH&Bラボ by インタープロ aet official page|EGCG(カテキン)が豊富なオリエンタルハーブ サプリメン


茶畑

現代の日本のお茶栽培は、生産の効率化のため、農薬が使われていたり、化学肥料が使われているケースが見受けられます。しかしながら、最近では、世間の環境問題や健康被害への関心から、有機農法を行う農家も増えてきました。

有機農法

有機農法では、化学合成農薬と化学肥料の使用が禁止されています(指定された天然系農薬の使用は可)。

栽培をするその年だけではなく、多年生の作物の場合、過去3年間、化学合成農薬と化学肥料の使用が禁止されています。国内では、この条件をクリアしたうえで、農林水産省から認定を受けたものは、「有機農作物」などの表示とJASマークをつけて販売することができるようになっています。

自然栽培

農薬も肥料も使うことなく、栽培というよりは、自生といったほうが近いです。

aet(アエト)に使用されるオリエンタルハーブ「雪山茶」については、農薬や肥料を使っていません。なぜなら、山岳地帯に自生している茶の巨木だからです。ただし、毎年、お茶を摘めるように、収穫の量などを調整し摘み過ぎないようにするなど管理して手入れも行い、樹齢何百年もの巨木を大切に守り続けています。

オリエンタルハーブ「雪山茶」

Copyright(c) 2012 InterPro Co,. Ltd. All Rights Reserved.