HOME >  aet物語 >  お茶のルーツ

お茶のルーツアエトH&Bラボ by インタープロ aet official page|EGCG(カテキン)が豊富なオリエンタルハーブ サプリメン


お茶のルーツ|神農皇帝

お茶の歴史は大変長く、最も古い文献は神話になり、この中に神農皇帝(しんのうこうてい)が登場します。

神農は古代中国の伝承に登場する皇帝です。

古代の書物には「百草の滋味を嘗(な)め,一日にして七十毒に遇う」(神農は百種類もの草の効用や味見をして、避けるべきものと役に立つものとを人々に分かるようにしたが、一日のうちに七十もの毒に当たった。)と書かれています。

その毒にあたった際、解毒として、お茶の葉を食べていたとされています。

このように、神農は、農業と薬において甚大な貢献をしたため、中国では“神農大帝”と尊称されていて、医薬と農業を司る神とされています。

Copyright(c) 2012 InterPro Co,. Ltd. All Rights Reserved.